麻酔なし(無麻酔)の犬の歯石除去・歯石取り専門クリニック「わんこの歯医者さん」

〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-48-5 小野木ビルB1F
運営:株式会社Dr.YUJIRO受付時間:10:00~18:00不定休【完全予約制】
当社開発!究極のデンタルケア
Home >  わんこの歯のお話 >  健康 >  歯磨きを嫌がる子はどうすればいいの?

歯磨きを嫌がる子はどうすればいいの?健康

歯磨きを嫌がるワンちゃんも、少なくないと思います。
自分の口に、歯ブラシなどの異物が入ってくるのですから、警戒するのも当然ですね。

ただ初めは嫌がるワンちゃんも、時間をかけて慣れさせることにより、
歯磨きが好きになることを可能にします。
ワンちゃんに歯磨きを好きになってもらうための注意点と、
おすすめのデンタルケア方法を紹介します。

 

■ワンちゃんに歯磨きを好きになってもらうために注意すべきこと

 

◎急に歯ブラシを当てたりしない

歯ブラシが急に口の中に入ってくれば、ワンちゃんが驚き、警戒するのは当然です。
かならずまず歯ブラシをワンちゃんに見せ、歯ブラシで遊ばせたりしてから
口に入れるようにしましょう。

 

◎ワンちゃんが嫌がることはすぐにやめる

ワンちゃんが、一度歯磨きを「嫌なものだ」と思ってしまうと、
それを解消するには時間がかかります。
ワンちゃんが嫌がることはすぐにやめ、歯磨きに悪い印象をもたせないのが大切です。

 

◎できることから少しずつ、負担がかからない形で始める

初めから完璧に、歯磨きができる必要はありません。
できることから少しずつ、ワンちゃんにも飼い主様にも、
負担がかからないかたちで始めてください。

 

◎毎日つづける

歯磨きは、「習慣」として毎日するようにするのが、つづけるためにはラクなやり方です。
毎日忘れずにできるよう、同じ時間、同じ場所で歯磨きするのがおすすめです。

 

◎ライフスタイルにうまく組み込む

どんなことでも、無理があると、つづけるのはむずかしくなります。
例えば飼い主様がお風呂に入る前など、ライフスタイルに歯磨きをうまく組み込めば、
無理がなくつづけることができます。

 

■わんこの歯医者さんがおすすめするデンタルケアの方法

 

◎歯ブラシではなく「ガーゼ」を使う

わんこの歯医者さんでは、歯ブラシを使うことは、あまりおすすめしていません。
その理由は、

・ワンちゃんが歯ブラシを嫌がり、歯磨きそのものを嫌いになることがある
・歯ブラシだとつい力を入れすぎて、ワンちゃんの歯ぐきを傷めることになりやすい

の2つです。

わんこの歯医者さんがおすすめするのは、歯ブラシではなく、「ガーゼ」を使うことです。
水に濡らしたガーゼを指に巻きつけ、ワンちゃんの歯をやさしく拭いてあげるようにします。

 

◎デンタルケアに慣れていないワンちゃんには「マッサージ」がおすすめ

デンタルケアにまだあまり慣れていないワンちゃんには、
「マッサージ」から始めるのがおすすめです。
マッサージなら、お口の外側からでもおなじ効果があるからです。

初めのうちは、お口の外側から、歯と歯ぐきの境目あたりをマッサージします。
歯ぐきをマッサージすることで、血行を促進し、唾液をサラサラにする効果があります。

ワンちゃんは、お口の外側からマッサージされることを、まず嫌がることはありません。
ワンちゃんが慣れてきたら、今度はお口の中に指を入れ、マッサージしてあげるようにします。

さらにワンちゃんが慣れてきたら、ガーゼで歯を拭いてあげるところに進みましょう。
このようにすることで、ワンちゃんが歯磨きに、無理なく慣れることができます。

関連記事

麻酔なし(無麻酔)犬の歯石除去、歯石取り専門クリニック「わんこの歯医者さん」
pagetop