麻酔なし(無麻酔)の犬の歯石除去・歯石取り専門クリニック「わんこの歯医者さん」

〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-48-5 小野木ビルB1F
運営:株式会社Dr.YUJIRO受付時間:10:00~18:00不定休【完全予約制】
当社開発!究極のデンタルケア
Home >  わんこの歯のお話 >  健康 >  愛犬の歯の根元が茶色い・・これって歯石?

愛犬の歯の根元が茶色い・・これって歯石?健康

わんちゃんの歯の根元が茶色くなっていることがあると思います。
これは多くが「色素沈着」で、多くの場合は無理にスケーリングする必要はありません。

 

■初めての患者様からの質問

わんこの歯医者さんへ、初めての患者様からメールで次のようなご質問がありました。
同じようなケースは少なくないと思いますので、ここでご紹介させていただきます。

「比較的従順な子なので、私が上の歯の歯石取りをしています。
下の歯の歯石は食いしばるようにしてやらせてくれません。
下の歯は歯石というより茶色い汚れが気になります。」

この患者様は、ご自身で歯石取りをされています。
ですから「歯石」と「そうでないもの」の区別はおできになると考えられます。

歯についた、「歯石ではない茶色い汚れ」は「色素沈着」だと思われます。
色素沈着は、食べ物にふくまれる色素が歯にこびりついてしまったものです。

たしかにわんちゃんの歯が汚れているのは、飼い主様にとっては気になることだと思います。

しかしこの色素沈着、スケーリングして除去する必要があるのでしょうか?

 

■色素沈着は無理にスケーリングする必要はない

当院の見解では、色素沈着は無理にスケーリングしないことをおすすめしております。
メリットよりデメリットのほうが大きいからです。

 

◎色素沈着を落とすことのメリットは?

色素沈着をスケーリングして落とすことのメリットは、
「歯が白くきれいになる」ことです。
これはわんちゃんをドッグショーに出されたりする場合には、大切なことだと思います。

ただ色素沈着は、病気の原因とはなりません。
これが「歯石」とは違うところです。

歯石は放置してしまうと、歯周病を引きおこします。
歯周病は悪化すれば、わんちゃんの歯が抜けたり、
内臓疾患をおこしたりすることにつながります。

ですからわんちゃんの健康のため、歯石は取る必要があります。
しかし単なる色素沈着は、放っておいてもわんちゃんの健康には問題ないことが多いです。

 

◎色素沈着を落とすことのデメリットは?

色素沈着をスケーリングして落とそうとすると、
わんちゃんの歯のエナメル質を削りとってしまうことがあります。
これが色素沈着をスケーリングすることのデメリットです。

わんちゃんのエナメル質は人間のものより薄いので、削られやすいのが特徴です。
エナメル質が削られてしまうと、歯の表面がザラザラして、
新しい歯石がつきやすくなることもあります。

以上のように、色素沈着をスケーリングしなくても、
わんちゃんの健康には何ら問題がありません。
それに対してスケーリングをすることで、歯石をつきやすくし、
わちゃんの健康を害する危険があります。

「わんちゃんの健康」という観点で考えれば、
色素沈着のスケーリングは、メリットよりデメリットのほうが大きくなります。

 

飼い主様としては気になることとお察ししますが、
歯石が見当たらないようであれば、そのままにされることがおすすめいたします。

関連記事

麻酔なし(無麻酔)犬の歯石除去、歯石取り専門クリニック「わんこの歯医者さん」
pagetop